So-net無料ブログ作成

2004年7月31日の独り言:「証言・ハンセン病 もう、うつむかない」(村上絢子、筑摩書房)を読んだ感想 [メール投稿]

独り言(2004年3月)
2004年3月29日
『ハンセン病の証言集め本に』(29日朝日新聞12版38面)
「証言・ハンセン病 もう、うつむかない」(村上絢子、筑摩書房)。
いつか読んでみたい。
---(以下6月14日に追加)---
本日、この本に関して匿名でないメールが届きました。(^_^;)
「三刷決定」だそうです。(^_^)
情報、有り難うございました。m(_ _)m
---(以下7月31日に追加)---
ようやく読み終えた。
読む価値のある本だと思う。
本屋で見掛けて「はじめに」を読んだだけで、
「読みたい」と思うだろう。少なくとも、私はそう思った。
全部で約300ページの厚い本だが、
体験談ごとに分かれていて、各体験談が約10ページだから読みやすい。
最初から読んでもいいが、
ぱらぱらと捲って目に止まった写真の方の体験談を読んでもいいだろう。
小学校の生徒一人一人に誰か一人の体験談を読んでもらって、
クラスでみんなに説明したり、話し合ったりしてもいいかも…。
このような体験談、直接聞きに行ける人は少ないけれど、
このように本になっていれば、聞きに行けない人も知ることができる。
新聞等では簡単にしか書かれていないことを詳しく知ることもできる。
とても価値のある本だと思う。
私は読みながら精神障害者に対する国の政策と重ねてもいた。
隔離されている精神病患者の「処遇改善」のために活動している人は、
155ページ〜156ページの次の言葉を心に刻んでほしい。
裁判の中盤に証人として立った大谷藤郎先生は、
厚生省の国立療養所課長、医務局長を歴任し、
ハンセン病行政のトップにいた人です。
下手すると、自分のやったことに対して責任を問われかねない
という危惧もあったはずです。(中略)
迫力があったのは、
「予防法が存在していても、
 患者さんのためにと思って、まず処遇改善に努力をした。
 しかし、その努力が結果として隔離政策を続けてしまった。
 これを見逃したのは間違いだった
とはっきり自己批判した点です。
先輩のやったことに対して、できるだけ傷つけないように言葉を選び、
嗚咽しながら答えていました。
たとえ「患者のために善かれ」と思って行ったことでも、
隔離政策そのものが間違いだったのである。善くなかったのである。
そして、精神障害者に対する隔離政策も間違いである。善くない。
それから、精神医療の改善のため厚生労働省との交渉に一所懸命な人達、
238ページの次の文章を読んで自分達を振り返ってほしい。
考えてみると、全患協という全国組織ができてから約二年で、
社会への働きかけが非常にお粗末だった。
また厚生省との交渉に一生懸命で、
マスコミに訴えるという意識もなかったし、そこまで手が回らなかった。
新聞社は取材に来ないし、来ても、記事にならなかった。
だから地域や社会に広がりをもてなかった。
隔絶された十三カ所の国立療養所の闘争は孤立無援で、
「線」でつながらず、まるで「点」だけで終わってしまった。
社会に積極的に働きかけ、世論を動かすことが大切。
最近の政府を見ると世論を無視する傾向が強いが、
それでも、世論を味方にした方が良い。
この本にはハンセン病患者に対して行われた残虐な行為が描かれている。
ハンセン病患者に対する差別や偏見など国民の醜い行為が描かれている。
人はあんなにも残虐になれるのである。
同じことを二度と繰り替えしてはならない。
自分の中に潜む醜い心を戒める良心を身に付けなければいけない。

 ハンセン病に限らず、全ての当事者支援に共通すること。善意に基づく安易な妥協がもたらした害と、世論を動かすことの大切さ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

元死刑囚の年金支給法成立 NHKニュース を見て [メール投稿]

元死刑囚の年金支給法成立 NHKニュース
法律では、死刑がいったん確定した日から再審で無罪判決が確定するまでの期間の保険料を、本人があとから支払えば、65歳を超えた時点から年金を受給できるとしています。
また、対象者がすでに65歳を超えている場合は、65歳から受給すべき相当額を特別給付金として一括して受給できることも定めています。
この法律の成立によって、昭和58年に再審で無罪が確定した87歳の免田栄さんと、平成元年に再審で無罪が確定した84歳の赤堀政夫さんの2人が救済の対象となります。

 このニュースを見た時に「保険料を、本人があとから支払えば」の部分が気になった。どの程度の額になるか分からないが、働いて給料を稼いでいる人でさえ支払うのが難しい額ではないかと想像した。だから、この法律は、「どうせ払えないだろう」みたいな雰囲気があるのかと思っていた。
 でも、免田さんや日弁連が法律の成立を歓迎しているようで、法律の成立が遅れたことを批判する意見もあるようで、それならば、この法律には問題が無いのだろう。日弁連は次のようにも言っているようだが…。
免田栄さん「法律できてよかった」 NHKニュース
会見で免田さんは「国民の方々に私たちの思いが伝わった結果だと思います。法律ができてよかったです」と述べました。
免田さんから年金について人権救済の申し立てを受け、国に働きかけを行っていた、日弁連=日本弁護士連合会は、「保険料をあとから支払わなければ年金を受給できないのは遺憾だが、えん罪の被害者を救済する目的は評価できる。速やかに年金が支払われることを期待する」としています。

 そもそも、元死刑囚に限らず「年金保険料を後から支払えば、年金を支給する」という仕組みがあって、後から支払える期間が延長されていたような気がする。元死刑囚の場合との違いは、詳細なニュースを見ないと分からないが…。
 で、元に戻って、法律成立のニュースを読み返して、「65歳から受給すべき相当額を特別給付金として一括して受給できる」とあることに気付いた。免田さんは87歳だから22年分を受け取れる。その額も相当なものである。遡って支払うべき保険料の額と比較したら、受け取る額の方が多いかもしれない。
 そこで、「保険料を、本人があとから支払えば」の方法があることに気付いた。借りれば良いのである。借金をして保険料を支払って年金を一括で受け取って、そこから借金を返済すれば良い。免田さんや赤堀さんの場合は借金以外の方法があるから日弁連などが歓迎しているのだと思うが…。
 で、私が心配したり批判したりする必要はないと気付いた。気にしないことにする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

除染に関する報道について|新着一覧|除染情報サイト:環境省 を見て [メール投稿]

除染に関する報道について|新着一覧|除染情報サイト:環境省
除染に関する報道について

除染に関する報道について

6月16日(日)の朝日新聞朝刊において、以下の報道がなされていますが、事実関係は以下のとおりです。

(1)朝日新聞:政府は再除染を認めぬ方針。自治体に非公式伝達。説明ないまま政策転換。

上記の事実はありません。

追加的な措置については、「まずは、除染関係ガイドラインに沿って、取扱要領に記載された除染を実施してください。その結果に基づき、年間追加被ばく線量1ミリシーベルトというのは長期的な目標であることも踏まえて、今後の追加除染の効果等を評価し、その実施について財政措置の対象とするか検討しますので、個別に環境省に御相談ください。」としています(除染関係Q&A)。なお、上記方針を踏まえ、自治体のご要望を受け追加的な措置(例:芝生の深刈り後の芝生の除去)等に対する財政措置を実施してきています。この方針を変更した事実もありません。

(2)朝日新聞:除染透ける本音、自治体に計画見直しを内々に伝達

上記の事実はありません。

環境省と自治体との間では、日常的に、除染の進め方について意見交換をしてきました。その結果、本年夏頃を目処に、除染特別地域(注:国直轄で除染を実施する地域)内の全ての市町村を対象に除染の実施状況について点検し、必要に応じて、スケジュール等を見直すことは既に明らかにしています。しかし、現時点において除染の方針を変更した事実はありませんし、自治体に内々に伝達した事実もありません。


 19日の朝日新聞に「除染、1巡目優先の姿勢 環境相、再除染 当面認めず」という見出しの記事があって、その中に次のように書いてあったので、確認したら、上のように書いてあった。
朝日新聞デジタル:除染、1巡目優先の姿勢 環境相、再除染を当面認めず - ニュース
 原発事故後に除染しても放射線量が下がらない場所の再除染を環境省が事実上拒んでいる問題で、石原伸晃環境相は18日の記者会見で、今夏に除染計画の進み具合の検証が終わるまでは再除染を認めない姿勢を示した。自治体に対して非公式に「今のところ認めていない」と説明していた内容を追認した形だ。
(中略、以下は紙面より)
 再除染要請を拒んでいると朝日新聞が報じた16日、環境省はホームページで「事実はありません」とし、「追加的な措置(芝生の深刈り後の芝生の除去)を実施してきている」と説明。

 環境相の反論が分かりにくい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

改正道路交通法が成立 NHKニュース を見て [メール投稿]

改正道路交通法が成立 NHKニュース
悪質な交通違反を巡っては、おととし、栃木県鹿沼市でてんかんの症状を隠して免許を取った男がクレーン車を運転して小学生の列に突っ込み、児童6人が死亡したほか、去年、京都府亀岡市で無免許の少年が運転する車が小学生の列に突っ込んで10人が死傷するなど、重大な事故が相次ぎました。
このため、7日の衆議院本会議で可決成立した改正道路交通法では、てんかんや統合失調症などの病気で運転に支障を及ぼすおそれのある症状の人が症状を隠して免許を取ることに新たに罰則を科すほか、症状がありながら運転を続けている人などを医者が診察した場合、都道府県の公安委員会に通報できるようにします

 被害者に同情した「正義の味方」たちにより、てんかん患者や統合失調症患者や躁うつ病患者を差別する法律が成立した。
 精神疾患の患者だけでなく障礙者に対しては所謂「欠格条項」がたくさんあるようで、障礙者団体などが減らそうと努力してきた。その結果、障礙者が少しずつ社会参加しやすくなったのだが、今回の法律の可決は残念である。
 憲法違反だと争ったらどのような判決になるか気になるが、「障害者に係る欠格条項」が完全になくなっていない現状から推察すると、違憲だという判断にはならないような気がする。でも、いつか該当者が現れた場合に裁判になるだろう。該当者が現れない方が良いのだが、裁判には注目したい。できればニュースになってほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

敦賀原発断層説明 地元市議会で反発も NHKニュース を見て [メール投稿]

敦賀原発断層説明 地元市議会で反発も NHKニュース
敦賀市には、敦賀原発の2基のほか、高速増殖炉もんじゅもあり、市の財政のおよそ2割は原子力の交付金や税金で賄われています。
また、市民の7割から8割が原子力に関する仕事に何らかの形で携わっているとされていて、敦賀市の意見書の背景には、こうした地域の事情もあります。
こうしたなかでの6日の地元敦賀市で行われた原子力規制委員会の説明は、原子力の安全規制を進めるなかで、「判断」に加えて「説明」の重要性も問われる重要な局面とも言えます。

 ちゃんと説明したら市議会は納得するのだろうか?
 「活断層ではない」という結論に変えるまで納得しないのだろうか?
 自分の求める答えでなければ納得しない人を納得させるのは難しい。原子力規制委員会には政府のように「見返りの金」を与える権限も無いし、第三者が「説明が必要だ」と言う場合、どのような説明が必要だと考えているのだろう?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

LPNのストレッチポールを作っているのはどこで、そこは儲かっているのだろうか? [メール投稿]

昨年度と比較して。|サル(共和ゴム代表取締役・寺阪)のブログ
5月にストレッチポールの製造・販売を辞めた事が、
目標未達の最大の原因ですね。
自分自身で決断した事なんで、
仕方ありませんし、
後悔なんて一切してないし、
逆に、辞めれて良かったと思っております。
あんな理不尽な取引形態のまま
取り引きをドンドンしても
設備投資もしない、
在庫も一切持たない、
(メーカーに全て持たせる)
売れた分しか請求させない、
等々
そんな取引形態で、
絶対にWinーWinの関係なんて築く事なんて出来ないし、
向こうも自分達の事しか頭にないし。
そんな感じで、
ただ単に商品を横流ししているだけなんで、
製造メーカーの努力、辛さなんて全然わかってないし。
(中略)
正直、利益なんてなかったし・・
いくら売り上げがあっても利益がなかったら、意味がないし。。。

 2011-11-15 22:56:20の記事。これ以前に次のような情報も見た。
銀河通信は空耳でした ≫ Blog Archive ≫ ストレッチポール買うたったwww
半額以下の値段で売られているのでそれでいいじゃんと言いたいのですが材質がまったく違ってたりします。
で、調べていくと何と半額でまったく同じ材質で、というより紛うことなく本物を売ってるところを発見。
共和ゴム ストレッチ用ポール 3980円 材質:芯材: 発泡オレフィン系樹脂 外皮: レザーカバー(合成皮革)
http://item.rakuten.co.jp/kyowa-webshop/he01pl01/
本物とはどういうことかというと、共和ゴムのブログに事情が書いてあります。
http://www.kyowa-r.com/blog/2011/08/post-23.html
こんにちわ、共和ゴムの寺阪です。
株式会社LPNのストレッチポールを製造し、OEM供給しておりましたが、今年5月を以って、株式会社LPNとの契約が終了いたしました。
弊社に、芯材、縫製したカバー、縫製前のカバー原反等、たくさんの在庫があるのに・・・・
突然、契約終了となり、大変困っております。。。。
しかも金型も弊社が負担させられていたし、倉庫保管料も弊社負担だったのに・・・
うちのような中小企業にとっては死活問題です。
在庫引取りを拒否されたので、仕方なく、新名称「ストレッチ用ポール」として、楽天市場内にある共和ゴムWebショップにて販売する事となりました。
しかし、そのままの商標もまま販売できませんので、「ストレッチポール」ロゴを特殊な薬品で消してから、「共和ゴム株式会社」という強粘着シールを貼っております。
有名メーカーである株式会社LPN製ストレッチポールと、同じ素材でありながら、在庫処分という事で、半額以下という驚きの価格で販売いたします。
あくまでも在庫処分までの限定販売となります。
ということで、本当に8500円の本物が3980円(送料込)で買えてしまうのです! 同じぐらいの価格のコピー商品買う必要がまるでありません。

 こちらは2011.12.09 19:18の記事。困っている様子が書かれたブログ記事を引用しているのだが、共和ゴムWebショップを立ち上げて「ストレッチ用ポール」として売ることで成功したみたいなので結果としては良かったらしい。
 今はアクシスフォーマー(Axis Former)として売っているらしく、共和ゴムアマゾンショップでは5980円らしい。少し前は4980円だったらしく、母の友人は4000円くらいか5000円くらいで買ったらしい。色によっては品薄だったり品切れになったりしているらしい(参照)。だからLPNへのOEM供給を中止して結果としては良かったようだ。
 それで気になったのは、株式会社LPNのストレッチポールを今はどこが作っているのだろうかということ。LPNが独自の工場を持っているとは思えず、下請け会社は儲かっているのだろうか?もしも下請け会社が同じ品質の商品をLPNよりも安く売っているとしたら、そちらで買った方が下請け会社の支援になるのではないかなと思ったりもする。
 それからテレビで芸能人などがストレッチポールを宣伝すると、見ていた視聴者の中に買おうとする人がいるようだが、ネットで検索したら、LPN社製でも共和ゴム製でもない商品を買っている人もいた気がする。類似品が出回っていること。同等品がLPN社製のストレッチポールよりも安く買えることも伝えれば良いのにと思った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。